糖尿病は、放置しておくと合併症を引き起こすリスクが高く、その合併症の中には命を脅かすような怖い疾患もあります。その中でも、合併症が眼精機能に起きると、糖尿病性網膜症と呼ばれる合併症を引き起こすこともあり、最悪の場合には失明する可能性もあるので注意が必要です。

 

糖尿病性網膜症にもいくつかの危険分子があり、自分自身がどの危険分子を持っているのかを分類しているのがDAVIS分類と呼ばれる分類法です。

 

DAVIS分類法はトータルで3種類に分類されていて、糖尿病や網膜症の進行度合いによる分類となっています。

 

・単純網膜症
糖尿病があまり進行していない段階で網膜症を発病した場合には、この単純網膜症という分類に該当することが多いようです。たとえば、網膜がむくんでいる網膜浮腫、目が充血しやすい網膜出血、細血管瘤などの症状がありますが、視力低下がある場合もあれば、視力低下などの自覚症状がないこともあるようです。

 

・増殖前網膜症
糖尿病や網膜症がかなり進行している段階が、この増殖前網膜症に分類されます。網膜周辺の血管がすでに詰まってしまい、血管閉塞が起きていることが、このレベルに該当するかどうかのラインとなっているようです。増殖前網膜症には、静脈異常、網膜内細小血管異常、軟性白斑などの症状があります。

 

・増殖網膜症
糖尿病も網膜症もかなり進行してしまっている状態です。ここまで放置するまで全く自覚症状がないというケースは少ないようですが、糖尿病の進行に伴って網膜症も少しずつ悪化してしまうということが多いようです。増殖網膜症には、新生血管、硝子体出血、牽引性網膜剥離などの症状があります。

 

糖尿病によって引き起こされる網膜症がどのぐらい深刻なのかを分類する方法は、DAVIS分類以外にもいくつかの分類法があり、SCOTT分類、新福田分類、ETDRS分類、国際重症度分類などの方法があります。どの分類方法を用いても、糖尿病の進行に伴って網膜症の分類もどんどん悪化していくことには変わりません。ですから、網膜症を予防するためには、その根源となる糖尿病の予防に努めることが必要です。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!