血糖値が劇的に高くなってしまう糖尿病は、生活習慣が原因で引き起こされる生活習慣病としても知られています。糖尿病にも2種類あり、子供や青年に発症しやすい急性糖尿病は、脾臓疾患なので、生活習慣や食生活が原因となることはありません。しかし、日本人糖尿病患者の95%は2型糖尿病と呼ばれている慢性糖尿病で、食べ過ぎや飲みすぎなどの生活習慣によって引き起こされてしまいます。

 

糖尿病の原因をご紹介しましょう。

 

・食べ過ぎ
食事をすると誰でも血糖値は上がります。たくさん食べるほど血糖値の上昇率も高くなり、頻繁に食べるほど血糖値が上昇する頻度もアップします。体内では通常通りに血糖値を下げる働きをしているインシュリンが分泌されていても、それ以上に食べ物を体内に詰め込んだのでは、どうしても血糖値が下がりにくくなり、糖尿病の原因となります

 

・飲みすぎ
血糖値を上げやすいアルコールを大量に飲みまくっていたのでは、糖尿病にかかりやすくなってしまいます。アルコールには栄養素も少ないため、肥満になりやすいというマイナス要素もあります。男性に多いのが、この原因と言われています。

 

・肥満
食べ過ぎ、飲みすぎなどが蓄積されると慢性的な肥満になってしまいます。肥満になるとインシュリンの感受性が悪くなってしまうために、どうしても血糖値は上がりやすくなってしまいます。また、肥満の人は多くの場合、食べ過ぎたり飲みすぎたりして、体内に摂取する食べ物の量も多いので、糖尿病に拍車をかけてしまうこともあるようです。

 

・運動不足
太っていない人でも運動不足だと体内の筋量が減って脂肪量が増えてきます。それが、隠れ肥満の原因にもつながります。糖尿病予備軍と呼ばれている人たちの中には、運動不足が原因という人も少なくありません。

 

・ストレス
ストレスは万病の元。ストレスは自律神経のバランスを崩したり、インシュリンの分泌を妨害したりする働きがあります。ストレスが慢性的だったり大きかったりすると、それだけインシュリンも分泌されにくくなってしまうために、糖尿病にかかりやすくなります。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!