糖尿病の原因の一つに「アルコールを摂取する生活習慣」があります。アフターファイブの付き合いや接待なども仕事のうち、とアルコールを体内に流し込まなければいけないサラリーマンも少なくないですよね。こうした生活習慣が蓄積されていくと、糖尿病を発症しやすくなってしまうので注意が必要です。

 

アルコールがどうして糖尿病の原因になってしまうのか気になりますよね。

 

・アルコールはカロリーが高い
・アルコールと一緒に食べるつまみもカロリーが高く、塩分などが多すぎる
・アルコールを飲む時間帯を考えると、中性脂肪に直結しやすい
・過度のアルコール摂取は肝臓に負担がかかりやすい
・アルコールによってブドウ糖が放出されにくくなり、血糖値が下がりやすくなる

 

などは、アルコールが糖尿病を引き起こす原因です。アルコールには血糖値を下げる働きがあるので、其れなら糖尿病にも効果的なのでは、と考えてしまいますが、どうやらアルコールの飲みすぎや、アルコールと一緒に食べるモノのほうが大きな問題のようです。なかなか自分ではコントロールしにくいため、糖尿病にかかるとほとんどの場合には「禁酒」が言い渡されます。

 

例外的に、糖尿病でも血圧がそれほど高くなかったり、肥満体系出なかったり、血糖値が安定しているような場合には、適量のアルコールはOKとされています。この「適量」がどのぐらいの量なのかはかなり微妙で、何をどのぐらい飲めるのかは変わってきます。カロリーが高く、糖質もたっぷり入っているといわれているアルコールは、ビールや発泡酒、日本酒など炭水化物から製造されたアルコール類。これらは糖尿病の場合には徹底して避けたほうが良いかもしれませんね。

 

一方、ワインは血液をきれいにしてくれる働きもありますし、糖質も低いものが多いので、糖尿病の人でも飲めるアルコールと言われています。適量はグラス1杯から2杯程度です。また、ウィスキーは糖質ゼロでカロリーも低いアルコールですが、こちらの適量は、シングルで1杯ぐらいとなっています。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!