生活習慣病のひとつでもある糖尿病。日本人の糖尿病患者の95%は、生活習慣や食生活の乱れなどが原因で起きる2型糖尿病と言われています。このタイプは通常の場合には、大人の中でも中高年に多いのですが、最近では、小学生のような小さな子供でも糖尿病にかかることがあるので気を付けなければいけません。

 

子供がかかる糖尿病には、
・インシュリン依存型糖尿病(1型糖尿病)
・インシュリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)
があります。このうち、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が原因によって発症する2型糖尿病は、肥満体系の子供がかかりやすいのが特徴です。

 

一方、1型糖尿病は肥満などの体系とは無関係に起きるタイプの糖尿病で、生活習慣や食生活を工夫しても予防することができないのが特徴です。子供が糖尿病にかかることはかなり珍しく、発症率は10万人に一人と言われています。子供らしい食生活や運動をしているのにも関わらずに糖尿病を発症するという場合には、この1型糖尿病ということが多いようです。

 

1型糖尿病は、インシュリンを分泌している脾臓の機能が低下してしまったり、機能しなくなってしまうことで発症するタイプの糖尿病です。感染症などが原因のこともありますが、原因不明と診断されることもあるようです。

 

1型糖尿病は、どんなに痩せている子供でも発症するため、症状を注意深く見極めることが早期治療につながります。たとえば、
・食べている量に関係なく、どんどん痩せていく
・喉が渇いたりドライマウスになったりする
・尿の回数が増える
などの症状は、もしかしたら1型糖尿病の可能性があるかもしれません。健康診断などで医師に相談してみるのも良いでしょう。

 

1型糖尿病は脾臓疾患なので、生活習慣や食生活を改善したところで治療できるわけではありません。脾臓からインシュリンが分泌されにくくなってしまうことで糖尿病が起きているため、人工的にインシュリンを体内に注入してあげる治療が必要になります。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!