生活習慣病の中でも自覚症状がほとんどないといわれている糖尿病。1型と2型によって原因や症状、そして治療法などは異なります。

 

・1型糖尿病
脾臓から分泌されるインシュリンの量が圧倒的に不足してしまうために発症する糖尿病が1型糖尿病と呼ばれるタイプ。これは脾臓疾患が原因なので、どんなに規則正しい生活をしていても、健康的な食生活をしていても避けることができません。突然発症することが多い1型糖尿病の初期症状には、
・急に頻尿になる
・ダイエットしているわけではないのに、突然ほっそりと痩せてしまう
・喉が異常に乾いて仕方ない
などの症状があります。1型糖尿病は高齢者よりも子供や若者におこりやすいタイプなので、周囲の大人が子どもの様子や生活を見守ってあげることで、初期症状の段階で発見することが可能になります。

 

・2型糖尿病
日本人の95%程度は、このタイプの糖尿病と言われていて、生活習慣、食生活、ストレスなどが原因で少しずつ発症していくのが特徴です。ある日突然血糖値が上がるわけではなく、長い年月をかけて少しずつ上がっていくため、初期症状にほとんど気が付かない人も少なくないようです。また、自覚症状が出るころには、糖尿病がかなり悪化していることも少なくないので、気を付けなければいけません。このタイプの糖尿病の初期症状には、

 

・なんとなく尿が増えた気がする
・ダイエットしていないのに体重が減ってきた
・喉が渇きやすくなった

 

など、1型糖尿病と胸痛する症状に加え、

 

・視力がぼやけて、はっきり見えにくくなった
・なんとなく力が入らない脱力感がある
・疲れやすくなった
・すぐに病気にかかりやすくなった

 

などが挙げられます。

 

これらの症状は、糖尿病かもしれないと最初から疑っていれば、あっと思い当たる節もありそうな症状ばかりですよね。しかし、加齢によって視力が低下したり疲れやすくなることもありますし、ストレスや疲労が蓄積されると、脱力感が出たり、免疫力も低下して病気にかかりやすくなったりすることもあります。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!