糖尿病になると、体が血糖値を抑える働きを持つインシュリンを上手くコントロールできなくなってしまい、血糖値が高くなってしまうという症状が起こります。血糖値をコントロールすることができれば糖尿病の進行をストップできたり予防にもつながるわけですが、その働きをしてくれる食材は私たちの身の回りに意外とたくさんあります。その一つが、お茶ですね。

 

糖尿病の人にオススメのお茶にはいくつかあり、緑茶や紅茶、カキドオシ茶、サラシア茶、バナバ茶、ヤーコン茶、ギムネマ茶などがあげられます。これらのお茶は、それぞれ体内で異なるメカニズムで糖尿病の症状を軽減してくれるわけですが、その作用を大きく分けると、糖を吸収したり分解する働きを持っているお茶と、食物繊維が多く腸内環境を活発にしてデトックス効果が期待出来るお茶などに分類できます。また、糖尿病にオススメのお茶葉、糖が吸収されるのを抑制する働きがありますから、食事の時に血糖値が一気に上がりすぎない予防策としても活用できます。

 

お茶を選ぶ際には、食物繊維をたっぷり含んでいるものや、ポリフェノールが多く含まれているお茶、糖を分解する働きを持つ酵素が多いお茶を選ぶと良いでしょう。たくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされていますが、最近では糖尿病は国民病として多くの人が悩んでいる疾患なので、お茶のパッケージに「糖尿病にオススメ」などの記載がある商品もたくさんあります。

 

糖尿病の人がこうしたお茶を飲む場合、食事の前に一杯お茶を飲んでから食事をすると血糖値をコントロールしやすくなります。また、これらのお茶は普段の水分補給としても優秀な効果が期待できるので、朝起きた時から寝る前まで、水分補給としてたくさん飲んでもOKです。ただし、緑茶のようにカフェインが多く入っているお茶を寝る直前に飲むと、場合によっては神経が刺激されて眠りづらくなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

アマゾンの血糖値が気になる人に人気のお茶を見る!

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!