若年層に発症することが多い1型糖尿病の場合には、脾臓疾患が原因ですから、どんなに食事に気を付けていても、症状を軽減したり治療をすることはできません。しかし、日本人の糖尿病の95%は、生活習慣や食生活、ストレスなどが原因で起きている2型糖尿病です。このタイプの糖尿病は、生活習慣を改善することで少しずつ治療できるので、食事療法や運動療法などが治療法として取り入れられます。

 

糖尿病と診断されると、まず最初に、今まで至福の幸せで食べていたおいしい食べ物のほとんどが、食べれなくなってしまいます。おそらく、カロリーが高すぎたり、栄養成分が偏りすぎていたりしたのでしょう。また、今までと同じように、食べたいときに食べる、という習慣も見直さなければいけません。

 

糖尿病の食事療法では、
・栄養バランスを考える
・一日の摂取カロリーを管理する
・食事の回数は一日3回
を基本にして、食事のメニューを決めていかなければいけません。一日にどのぐらいのエネルギーが必要になるのかは、その人の年齢や身長、体重、そしてデスクワーク化肉体労働か、などのライフスタイルによっても変わってきます。

 

具体的にどんな食事をすればよいのか、難しいですよね。

 

・飲料水
基本的には、飲むのはミネラルウォーターが理想的です。野菜ジュースやフルーツジュース、スポーツ飲料水などは、「カロリーがゼロ」「栄養バランス満点」などと書かれていても、実は甘味剤がたっぷりと入っていることも少なくありません。そのため、朝食時には牛乳、食事のときには味噌汁、それ以外にはミネラルウォーターが良いでしょう。

 

・食事
場合によっては、食事療法として栄養士がメニューのアドバイスをしてくれる場合もあります。しかし、自宅で自炊している人だと、どのぐらいの量を食べてよいのかわからないということもありますよね。極端に思えるかもしれませんが、子供用の茶碗や皿などをつかって食べると、大体一食で摂取してもOKなカロリー数に近づけることができるようです。できるだけコッテリしたものや脂っこいものは避けて、「小鉢がたくさんついている和食系の食事」を目指すとよいでしょう。一食で摂取する野菜の数は多いほど良いので、たくさん作って冷蔵庫に保存したりすれば、手間を省いて栄養バランスが取れた食生活にすることもできそうですね。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!