糖尿病と診断されると、まずは食事療法と運動療法で治療を行うことになります。その中でも大きなカギとなるのが、毎日の食生活を改善することで、糖尿病の治療ができる食事療法。食事療法でおすすめのメニューやレシピなどは、糖尿病でなくてもヘルシーで栄養満点のレシピばかりなので、ぜひ普段から積極的に食べるように心がけたいですね。

 

糖尿病のレシピで注意したいのは、お腹が満足できる満腹感がありながら、低カロリーで低糖であること。そのためには、いくつかのポイントがあります。

 

・主食を工夫する
満腹感を握る主食。おいしい白米をお茶碗一杯に食べると、それだけで結構なカロリーとなってしまいます。また、炭水化物は意外と糖質が高いので、糖尿病レシピでは白米ではなく玄米などを利用するとよいでしょう。玄米オンリーでは食べづらいという場合には、白米と玄米を混ぜるのもおすすめですよ。

 

・野菜は緑黄色野菜
緑黄色野菜は、少ない量でも栄養価が高く、ミネラルやビタミンをスピーディにたっぷりと摂取できる理想的な野菜。野菜炒めなども、フッ素加工のフライパンなどを使えば、ノンオイルで調理できるのでお勧めです。ただし、調理することが多い緑黄色野菜を食べる際には、できるだけ薄味にすること。濃い味付けだとご飯がもっとほしくなりますし、食欲増進効果によって「もっと食べたい」という気持ちがわいてしまうので、糖尿病改善のためにはNGです。

 

おいしく食べれて、しかもおしゃれども高いレシピの中から、簡単に作れるものをご紹介しましょう。

 

「納豆とひき肉のレタス巻き」
作り方はとても簡単です。牛肉と豚肉の合いびき肉と納豆、そしてニラやピーマンを軽く炒め、しょうゆとみりんで味付けし、レタスにまいて食べるだけ。しょうゆとみりんで十分に味が付きますが、辛いのが好きな人はコチュジャンを乗せてもOKです。納豆は炒めるとネバネバが取れるので、納豆嫌いな人にもおすすめですよ。

 

アマゾンの売れ筋 糖尿病予防対策商品を見る!

 

糖尿病予防・対策商品 を見る!